多重債務でお悩みの方、多重債務整理を得意とする弁護士にご相談ください。

  • 債務整理とは、任意整理、民事再生、自己破産などの方法で、借金を減額したり、支払に猶予を持たせることです。また、過払い金請求では、貸金業者に支払いすぎてしまった過払い金の返還請求を行います。
  • 法外な金利、違法な取り立て、永遠に続くかのように思える闇金返済の日々も、弁護士が解決いたします。
  • 競馬やパチンコなどのギャンブル必勝法に関する詐欺や、異性との交際斡旋(出会い系サイト等)における詐欺、金融商品等取引に関する詐欺など、特殊詐欺と言われる被害の被害金返還請求を行います。
  • 相続放棄、遺言書作成、遺産分割調停の申立など、相続に関する問題のご相談を承ります。
  • 交通事故の示談交渉を、あなたに代わって弁護士が行います。
  • お電話もしくは、お問い合わせフォームより、ご相談をご予約ください。
  • (相談弁護士への事件依頼)委任契約書を作成して、委任契約を締結します。委任契約締結をもって、事件の受任となります。
  • 費用については、お気軽にお問い合わせください。分割払いのご相談にも応じます。

弁護士の守秘義務

弁護士はご相談者に対し守秘義務を負っています(弁護士法23条)。 ご相談内容はもちろん、ご相談があったこと自体を第三者に漏らすことはありません。第三者には、紛争の相手方のみならず、ご家族、雇用者(従業員の場合)、従業員(会社の場合)、官公庁、銀行等も含みます。
また、個人情報の管理についても十分に留意し、不要となった場合は適切に破棄しております。安心して、お気軽にご相談ください。

はじめに

街の灯法律事務所(以下「当事務所」)は、以下の方針に基づき、依頼者本人およびその他の方(以下「依頼者等」といいます)の個人情報を取り扱います。

個人情報の定義

本規定に定める個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいいます。

法令等の遵守

当事務所は、「個人情報の保護に関する法律」、その他個人情報の取扱いについて定められた適用ある法令を遵守します。

個人情報の取得・利用

当事務所は、業務を遂行する上で、必要に応じて依頼者等の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、勤務先等の個人情報を取得します。
ご本人の事前の同意がある場合、または、法令により許される場合でない限り、ご依頼いただいた法律事務の遂行または達成に必要な範囲を超えて依頼者等の個人情報を利用しません。

個人情報の管理

当事務所は、個人情報の漏えい、滅失、毀損または不正アクセス等を防止するために、必要な措置を講じ、個人情報を適切に管理いたします。当事務所は、個人情報の取扱いに関して、所属職員等に対して必要かつ適切な監督を行います。個人情報の取扱いを外部に委託する際には、委託先に対しても個人情報を適切に管理するよう監督します。

個人情報の第三者への提供

当事務所は、ご本人の事前の同意がある場合、または、法令に基づく場合、利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を委託する場合等、法令により許される場合でない限り、依頼者等の個人情報を第三者に提供いたしません。

個人情報の開示、訂正、利用停止等

依頼者等が、ご自分の個人情報の開示、訂正、利用停止、利用目的の通知等につき、ご本人からの申し出があった場合、当事務所は、ご本人からの申し出であることを確認した上で、法令に定めるところに従い対応いたします。
なお、当該個人情報を開示することが、弁護士の守秘義務に反する場合、または、当事務所の業務の遂行に著しい支障を及ぼす場合、その他法令により開示を要しないとされている場合には、この限りではありません。


制定日 2018年8月1日

笠井 浩二
所属: 東京弁護士会所属
多重債務整理、闇金対応、その他、刑事民事で多くの事件訴訟に関与、豊富な活動歴があります。

メッセージ
トラブル解決は、問題が小さいうちに、お早めに相談いただくことが肝心ですが、問題が大きくなってからでも、状況に合わせて柔軟に対応をいたします。初回の相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。